会計のことが面白いほどわかる本(新会計基準の理解編)前編

スポンサーリンク
読書レビュー

はじめに

この本は、会計のことが面白いほどわかる本(会計の基本の基本編)の内容を踏まえたものになっています。

この本を読む前に、まずは基本の基本編を読んでください!

なぜこの本を読もうと思ったか

僕は薬学部の3回生なので、一見この本とは何のかかわりもない人間です。

そんな僕がこの本を手に取った理由はこの本にあります。

僕は薬学を勉強することで、製薬会社などに就職して、給料をもらい、それで生計を立てて生きていこうと思っていました。しかし、それでは貧乏父さんと同じ轍を踏むことになります。

だから僕は、会計学を学ぶことで、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフローについて理解し、自分の資産の増やし方を学んだり、投資に関する知識を得たいと思って、この本を読み始めました。

誰が対象で、何が知れるか

この本は、会計や投資の知識が全くない人でも理解できるように、対話形式で書かれています。
実際、僕はそのような知識は、金持ち父さん貧乏父さんで出てきたから名前だけ知っている程度でしたが、理解できない内容はなかったです。

新会計基準の理解編では、会計ビックバンによって導入されたキャッシュフロー計算書、連結財務諸表、税効果会計などがトピックです。

基本の基本編で得た知識を生かしながら、財務諸表のもう一段階上の見方を知ることで、会社の状況を会計から読み取り、投資活動の一助にしていきましょう!

このページでは、この本で得た知識のみで例題と解答例も作ってみているので、それを見て、この本の内容やレベルをチェックしてみてください!

第1章 会計ビッグバン

会計ビッグバンとは、これまでの商法や税法に引きずられる会計ではなく、しっかりと会社の業績を示すための会計に直していくための、一連の会計制度改革です。

この章はこれだけなので、次に行きましょう。

第2章 キャッシュフロー計算書

キャッシュフローとは、現金もしくは現金同等物の出入りのことである。
営業キャッシュフローは会社がどのようにお金を手に入れているかを表し、
投資キャッシュフローは会社が手に入れたお金をどこに投資しているのかを表し、
財務キャッシュフローは会社がどこからお金を調達しているのかを表す。
損益計算書、貸借対照表からこれらを読み取って記述したものがキャッシュフロー計算書である。
また、営業キャッシュフローから現在の事業を維持するのに必要なお金を引いたものをフリーキャッシュフローといい、会社が現在自由に使えるお金を表すため、会社の現在の価値をフリーキャッシュフローの大きさから判断することもある。

例題

問1 キャッシュフローと損益の違いを説明せよ
問2 キャッシュフローにおける間接法とは何か、説明せよ
問3 DCF法とは何か説明せよ

問1解答例:
キャッシュフローと損益の違いはタイミングの差である。キャッシュフローと損益の値は最終的に一致する。
損益は収益ー費用であるが、収益と費用はお金が動く可能性が十分高くなったタイミングで計上するため、実際のお金の動きとは異なる。会社の活動の実態を記録するという目的においてこのような計上の仕方は意義のあるものだったが、(会計の基本の基本編参照)これらは経営者の予測を含む部分があるので、操作性が高く、客観性がやや欠けていた。
キャッシュフローは収入ー支出であるが、これは実際のお金の動きを表しているので、会社の活動が反映されるタイミングが遅い。しかしキャッシュフローはお金が動かないと記録することができないため、操作性が低く、客観性が高い。

問2解答例:
キャッシュフローはすべての収入を加算し、すべての費用を除けば求めることができ、この方法を直接法というが、直接法だと一つ一つの取引すべてをキャッシュフロー計算書に記載しなければならず、現実的には不可能である。
そこでキャッシュフローは利益+減価償却費で計算する。これを間接法という。
なぜこのようなことが可能かというと、
利益=収益ー費用=お金の増加ー(お金の減少+減価償却費)
より
お金の増加ーお金の減少=利益+減価償却費
となるからである。減価償却費は、以前支払ったお金を繰り延べて今期の費用に計上したものなので、実際に現金が減ったわけではない。したがってキャッシュフローの観点では、お金が減っていないのに利益が減っているので、利益に減価償却費を足す必要があると考えられる。
ここからさらに売掛金を引いたり買掛金を足したりして調整金額を考慮していくと、より正確なキャッシュフローを計算することができる。

問3解答例:
DCFとは、Discount Cash Flowの略である。端的に言うと、将来のお金の価値は現在のお金の価値よりも低いことである。
将来のお金は現在のお金に資本コストを加算した値になるため、将来のお金を考えるときは資本コスト分を割り引いて考える必要がある。
例えば、資本コストが10%の場合、1年後の100万円は、100÷1.1=91より現在の91万円の価値しかない。
このような考え方を用いて、その投資に本当に意味があるのかを考える方法をDCF法という。

第3章 連結財務諸表

連結財務諸表とは、親会社、子会社、関連会社からなる企業集団の財務諸表を合算・考慮した財務諸表のことである。
親会社の財務諸表のみの場合、支配している子会社に在庫を売り払うなどの操作をすれば簡単に親会社の財務諸表は赤字を隠すことができてしまうが、連結財務諸表はこれを防止できる。
連結財務諸表作成にあたっては、親会社と子会社の間の取引は、自分と自分の取引と同じ意味になるので、相殺する必要がある。また親会社の子会社株式の持ち分は、親会社の資産であり子会社の資本であるが、連結財務諸表においてこれらは自分から自分への投資を意味するため相殺される。
現在では連結財務諸表によって示された損益に基づいて税金が計算される、連結納税制度が採用されている。

例題

問1 連結調整勘定とは何か説明せよ
問2 連単倍率とは何か説明せよ

問1解答例:
親会社が子会社を買収する際、親会社は当然子会社を買収することでさらなる利益を見込んでいる。
したがって、親会社は子会社の純資産に加えて営業権の分だけ多く子会社にお金を支払って買収することになる。この多く払った分のことを連結調整勘定という。

問2解答例:
連は連結の数値、単は親会社単体の数値を表す。つまり連単倍率は、親会社単体の財務諸表上の数値と連結財務諸表の数値の比率のことである。
端に連単倍率といった場合は、利益の倍率を指すことが多い。
連単倍率をみることで、子会社が機能しているかを確認できる。例えば利益の連単倍率が1より大きいときは、子会社はその企業集団の利益に貢献していることを示し、1より小さいときは、損失を出していることがわかる

↓後編↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました